カテゴリー
育児

父になった

17日23:30
胎動が激しくなっているようで、妻は十数分間隔で苦しんでいる。

陣痛だ。

晩御飯に焼き肉を食べに行ったのが功をそうしたか。

世の中には陣痛ジンクス、“陣クス”というものがあり、
何かを食べたり飲んだりすると、なぜか陣痛が進むそうだ。

焼肉も、その一つである。

普段の「少し痛む」というレベルではなく、百均で買ったテニスボールで腰を強くさすらないと耐えられなくなっていた。

いかにも百均である

布団に横になるが、「痛い痛い」と繰り返している。
私も横になり、さすり続ける。

18日2:00
変わらず、10数分ごとの痛みが妻を襲っており、私と妻は全く寝つけていなかった。

横になると痛みが強くなるようで、妻はリビングにあるソファに座って、痛みを凌いでいる。

私も起きて、ソファの隣に座り腰をさする。

私は翌日仕事だったので、妻からは早く寝るように言われた。

寝られる気はしなかったが、寝室に戻り、横になった。

3:00
リビングから苦しそうな声がする。
居ても立っても居られなくなり、リビングに布団を持ってきて、ソファの側に布団を敷いた。

そこで横になった。

妻は、トイレにも30分に一度の間隔で行っている。尿を我慢すると、産道を圧迫するので、尿は我慢しないほうがいいらしい。

そのまま、お産が進んでくれればいいが。

3:30
まだ陣痛がおさまらない。
破水や出血、陣痛の感覚が10分以内になると産婦人科で入院できるのだが、妻の陣痛はそのレベルには達していない。

ソファに座っている妻の腰をさする。

徐々に眠気も来、そのままウトウトしてきた。

4:00
少し外も明るくなってきた。

妻の体力も限界に近い。

一旦布団で寝てみようと提案し、リビングの布団で横に一緒に横になった。

そのまま、私は寝てしまった。

6:30
起床し、仕事の準備をする。

普通であれば上長に連絡し、在宅勤務など妻の近くにいるべきなのだが、
午前中に、社内展開用のデモンストレーション動画を撮影する予定があった。

日を改めてもらうように連絡するつもりだった。

しかし、妻は「くんも寝てないけど、頑張って行ってきて」と送り出してくれた。

12:10
妻から電話がかかってきた。

幸いなことに、今日は10時から産婦人科で定期検診だった。
そこで入院、お産まで行けば、妻の苦しい時間が短くなると思っていた。

しかし、妻から聞いたのは、まだ入院するほどのレベルには至っておらず、今から自宅に帰るという連絡だった。

17:30
仕事を終え、帰宅する。

妻は暗いリビングの布団に寝ていたが、起き出した。
起きてきた妻に健診のこと、身体の痛みのことを聞く。
陣痛はまだ継続しており、昨夜から一睡もしていないようだ。

会社の動画撮影はうまくいったことを伝えると喜んでくれた。

19:30
キーマカレーを作る。
カレーも陣クスの一つで、少しでもお産を進めたいという作戦だった。

玉ねぎと挽肉をたっぷり使ったので、とても美味しく作ることができた。

23:00
お風呂上がりに、オロナミンCを飲ませた。

これも陣クスだ。

焼肉、カレーと陣クス連発しているので、そろそろ効果があってもおかしくないだろう。

これ以上、妻の苦しいところを見るのは辛い。

妻はリビング、私は隣の寝室で眠りについた。

19日2:30
妻の声で目が覚める。

陣痛の感覚が8分前後で短くなっているようだった。

そのまま腰をさすりながら、陣痛アプリなるもので、時間を測っていく。

アプリ「陣痛きたかも」で、時間を計測する

陣痛の感覚が8分程度になった。
妻は産婦人科に電話をし、今の状況を伝える。
入院する準備をして来るように指示された。

急いで準備をし、タクシーを呼んで私たちは産婦人科に向かった。

2:50
産婦人科に到着する。

コロナ対策のため、夫でさえも建物に入ることが出来ない。
夜間通用口に入る妻を見送って、乗ってきたタクシーに乗り、家に帰った。

場合によっては、検査後に再度自宅に帰らせられる事もあるらしい。
そんなことをされれば妻のメンタルが持たないだろう。
無事に入院してくれればいいが、、、

妻からのLINEを待たずして、私は眠ってしまった。

6:50
起床する。
妻からLINEが来ていた。

到着後検査された後に、入院することになったらしい。
子宮口は2cm空いているようだ。

ひとまずホッとする。

もしかすると今日出産かもしれない。
上長には連絡し、在宅での勤務をすることにした。

11:40
妻からLINEが来た。
陣痛が少し治まり、妻は少しの休息を得ることが出来たようだ。

よかった。

陣痛が和らいたとはいえ、もうすぐ生まれるかもしれない。
まだ、気は緩められない。

15:10
妻はお産を少しでも進めるため、産婦人科の足湯に入ってリラックスしたようだ。

また、院長からも焦らないようにと、アドバイスをもらったらしい。

確かに、昨日から目まぐるしく状況が変わるので、それについて行くために、夫婦共に事を急いでしまっていた。
そんなストレスが1番身体に悪いだろう。

LINEの文面でのやりとりの奥で、妻は少し落ち着いたように見えた。

22:40
テレビ電話をした。

画面には、泣きべそをかいた妻が映っている。
「早く家に帰りたい」と妻は言った。

少し不安定になっているようだった。
まあ、無理はない。

2日間満足に睡眠も取れず、痛みと闘っているのだ。

もちろん、早く出産できればベストだが、日中、院長が言ったように焦っては何もうまくいかないだろう。

私は焦らず、ゆっくり過ごそうと妻に声をかけ、落ち着かせた。

そのまま、妻は眠りについた。

20日6:50
「おはよ ねれた?」

妻にLINEを送る。

しばらく経っても既読はつかない。

もしかすると、ゆっくり寝られているのかもと思い、仕事に向かった。

8:37
今日は10時から、得意先での勉強会だったので、そのまま梅田に向かっていた。

はっと携帯を見ると、妻から着信が入っていた。
折り返しの電話をするも繋がらない。

「ごめん、気づかなかった。大丈夫?」と、メッセージを送る。

そのあと電話をするも繋がらなかった。

9:55
まだ妻からの折り返しはなかった。
また、LINEの既読もついていない。

何か、騒がしいものを感じる。

10時からの勉強会のため、得意先に入る。

すでに、弊社の社員が6名ほど座っていた。
また、入社した時のマネージャーだった上司もいた。

しばらく会話もしていなかったので、妻が産前入院した事を伝える。

「ほんまかー!もしかしたら今日かも知れんし、この後とかかもしれんな!」
と話してくれた。

10:00
勉強会が始まった。

得意先の営業が壇上に立って、パワーポイントのスライドを説明している。

勉強会の内容は興味深かったが、頭の片隅には、妻がどうなっているのかの不安がもたげていた。

10:08
妻から着信が入った。
ただ、勉強会の話の内容で、退席するにはキリが悪かった。

電話がきれる。

「ごめん、取れない」
とLINEを返信した。

何かが起こっている・・・

10:24
勉強会の内容が個人作業になったタイミングで、私は退席した。

取引先の受付に移動し、LINE電話をするも繋がらない。
30秒ほど着信したが、妻は出なかった。

諦めて、勉強会会場のドアを半分開けたところで、再び着信が入った。
妻からだ。

緊張して電話を取った。

「もう生まれそう」

妻はボソッと言い、誰かに電話を渡した。

助産師さんだ。

「旦那さんですか?もう生まれそうですよ。」
「テレビ電話を繋ぎましょうか」

そういうと、相手の画面が映った。
手術室のような壁面に、何人か医師が見えた。

手術室に見えた部屋は分娩室だった。
もう出産が、目の前まで来ていた。

しかし、画面が固まっている。
音声は聞こえるが、画面は一生助産師の顔だ。

“すいません。声は聞こえますが、画面が固まっています。”

そう伝えると、
何人かでスマホの設定のどこをいじるだとかの会話が聞こえた。

「Wi-Fiを持ってこようか」
そんな事も聞こえたが、画面は動かない。

スピーカー越しには、妻が「ヒーヒー」と言っている声も聞こえた。

まだ画面が動いていないと伝える。

「あー…もうええか!これでいこう!」

無情にも、こちらの通信環境は二の次だった。
否、当たり前ではある。

しばらくすると、画面が変わった。

妻の頭側からの画角で、いわゆる赤ちゃんを取り上げる時の体勢になっている。
赤ちゃんを取り上げる人もスタンバイしている。

助産師の掛け声で、「ヒーヒー」を妻は続けている。

「頭が出た!」

音声はしっかりと届いていた。

分娩室で繰り広げられる出産のクライマックスだ…!

助産師は妻を励ます。

そして、十数秒後、、、

10:31

赤ちゃんの泣き声と、助産師の歓喜の声が聞こえた。

生まれた!

しかし、スマホの画面には、まだヒーヒー言っていた時の映像が静止画となって映っている。

どういう顔をしていいものかわからないが、無事に生まれたことに、顔が緩んだ、、、

19:22
妻とのLINE電話で「つぐみ」の顔を見る。

シワシワでガッツ石松だ。

誰も最初はガッツ石松なんだ。

生まれて10時間も経っていないつぐみは、

赤ちゃん特有の白いぶつぶつが付いている。

目はぱっちり二重だ。

まだ実感がわかない。しかし、確かにつぐみだ。

初対面はLINE電話だ

4月20日
今日から、人生の第二章が始まった。

(エピローグ)

4月20日19:55

“分娩室でスマホの画面が止まってて、そのまま出産やったわ“

妻と会話をしながら、分娩室にアクセスの良いwi-ifを提案したいと、冗談を言う。

「いや、今まで分娩室で画面止まったことないらしいで」

…マジ?
だとしたら、相当運がないのか、私は。

…!!

違う、必然だ…

私は格安スマホで、「日中はパケットを抑えて、めちゃくちゃ遅いモード」にしていることを忘れていたのだ…

恥ずい!恥ずすぎる…!

かくして、私は「フリーズした旦那」で助産師の中でネタになったとのこと。

世のプレパパの皆さん、
LINE立ち会いの際は、今一度通信環境を見直して頂きたい。

助産師さんが、3人での写真を撮ってくれた。
どうも、フリーズ夫です。

to be continued…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です